お悩み解決事例集

「税務」の事例

法定相続分ってよく聞くけど・・・

相談内容

法定相続分ってよく聞くけど・・・
実際に自分の相続分はどのくらいなの?
親戚や兄弟と揉めないためにも、詳しく知りたい。

回答

法定相続分とは民法の規定により定められた相続割合である。

Ⅰ.配偶者と子供が相続人の場合

相続人 法定相続割合 摘要
配偶者 2分の1 結婚年数は関係なし
2分の1 子供の数で均等按分
子供が2人の場合
2分の1×2分の1=4分の1
※非嫡出子の場合は、その2分の1

Ⅱ.配偶者と直系尊属(父母等)が相続人の場合

相続人 法定相続割合 摘要
配偶者 3分の2 -
直系尊属 3分の1 父母又は祖父母の数で均等按分

Ⅲ.配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合

相続人 法定相続割合 摘要
配偶者 4分の3 -
兄弟姉妹 4分の1 兄弟姉妹の数で均等按分
※半血の場合は、2分の1

ポイント

  • 配偶者は常に相続人になることができるが、内縁関係は認められていない。
  • 非嫡出子(愛人との子など、正妻以外の間に生まれた子)も子としてカウントする。しかし、嫡出子(正妻との間の子)の半分の相続分となる。
  • 養子は普通の子と同一の相続権を有する。民法上は養子の人数は無制限だが、相続税の計算上は異なり、実子がある場合には1人、実子がない場合でも2人までとの制限がある。
  • 半血とは、父母どちらか一方のみを同じくするということであり異父兄弟、異母姉妹などのことである。

お悩み解決事例集

私たちは困ったときの身近な存在に

ご登録は簡単なアンケートにお答えいただくだけ。お答えいただいた情報は適切なご提案をさせていただくために活用させていただきます。

お問い合わせ
お問い合わせボタン

個人情報保護方針

お知らせ、トピックス

すけっとブログ

ページの先頭へ戻る